トップページ > 洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

顔の洗い方や洗顔石鹸の選択などは人それぞれなのですが、洗顔はごく自然に多くの人が行っていることではないでしょうか?^^

顔を清潔にするだけでなく、女性はメイクをクレンジングで取らなければならないので、洗顔ってとっても重要ですよね♪

洗顔フォームや洗顔石鹸のわずかな差でも、肌のコンディションには影響が出ます。

肌タイプに合う洗顔石鹸を見いだすのは、なかなか大変だといいますが、大別して2種類が、洗顔石鹸として用いられています。

洗顔フォームか、石鹸か、基本的にはどちらか片方を選んで使っている人が大半ではないでしょうか?

基本的には、オイリーな肌質の人は石鹸タイプを使っている場合が多いようです。

石鹸は成分がアルカリ性なので使った後は、一時的に肌がつっぱった感じがあるかもしれませんが、すっきり感があるのが特徴です。

洗顔フォームより、固形石鹸タイプの洗顔料の方が汚れがよく落ちるといわれていますが、肌が乾燥気味だという人は、洗顔フォームがいいでしょう♪

弾力のある泡を作りやすい、使いやすい洗顔剤を求めるならば、水分を多く含有している洗顔フォームが適しています。

乾燥した肌が適度な水分を得られるよう、保湿に役立つ成分が配合された洗顔フォームも人気があります。

洗顔フォームでも洗顔石鹸でも、重要なことは世間の評判のみに踊らされず自分の肌質に合う商品にすることですよね(^^♪

このページのトップへ↑